> HOME > NOTEBOOK > 史跡 > 纒向遺跡

纒向遺跡

Makimuku Remains

国指定史跡

邪馬台国の候補地

所在地

  • 三輪山の麓から大和川にかけて、北は鳥田川、南は巻向川に挟まれた扇状地上に展開し、東西2km、南北1.5kmの範囲に及ぶ。
  • 奈良盆地の東南にあり、三輪山の麓から西になだらかな平野が広がり、農地の間に住宅とともに古墳が点在する。

纒向遺跡 位置図
纒向遺跡 位置図
纒向遺跡 全景

発掘調査

  • 昭和12年(1937)、『大和志』(土井実)に太田遺跡として紹介されたのが最初。
  • 昭和34年(1959)、『大三輪町史』(松本俊吉)で要約。
  • 昭和40年(1965)、『奈良県の考古学』(小島俊次)で要約。
昭和46年(1971)

  • 炭坑離職者の雇用促進のためのアパート建設計画に伴う調査開始。
  • 調査地は辻地区。
  • 6~7世紀の川の跡2本が検出された程度。

昭和47年(1972)

  • 3~4世紀の川跡と土抗群を検出。
    ⇒ 川跡から特殊器台が出土。
    ⇒ 楯築遺跡や都月坂遺跡(いずれも岡山県)などでも出土
    ⇒ 初期ヤマト王権と関りがある遺跡として注目されるようになる。

主な調査結果(~ 第187次調査:平成28年3月)

  • 第6次調査、纒向大溝(幅約5m、深さ約1.2m)を検出。
  • 第7次調査、辻河道(埋没河川)の南岸から21基の祭祀土抗を検出。特殊埴輪片や銅鐸の飾耳(しょくじ)が出土。
  • 第20次調査、辻地区で掘立柱建物と柱列からなる建物群を検出。
    ⇒ 居館域と考えられる。
  • 第36次調査、東田地区で検出された溝の上層から孤文石(こもんせき)が出土。
  • 第42次調査、坂田地区の落ち込みの中から多くの土器片・埴輪片が出土。
  • 第47次調査、メクリ1号墳を検出。
    ⇒ 全長28m、後円部径19.5m、前方部長9.5m:纒向型前方後円墳
    ⇒ 埴輪や葺石なし、埋設施設は未確認
    ⇒ 周濠は幅4mで多数の土器が出土
    ⇒ 庄内3式期~布留0式期の築造
  • 第50次調査、巻野内家ツラ地区で導水施設を検出。家ツラ地区で導水施設へ水を供給する大溝の下部、布留0式期古相のV字溝を検出、そこから孤文板が出土。
  • 第51次調査、埋没古墳の周濠の一部と考えられる溝(幅8.5m、深さ60cm)を検出。
    ⇒ 布留0式期の土器、建築物の壁材と考えられる木製構造物が倒壊したままぼ状態で出土。
  • 第59次調査、北飛塚地区で庄内3式期に構築された住居跡(一辺5mの方形の竪穴)を検出。
  • 第61次調査、李田地区の庄内3式期のV字溝の埋土よりベニバナ花粉を検出。
    ⇒ 国内最古の事例。
    ⇒ 溝に流された染織用の染料の廃液に含まれていたと考えられている。
  • 第65次調査、尾崎花地区で溝(幅約4.8m、深さ約1.7m)を検出、そこから巾着状絹製品が出土。
  • 第80次調査、尾崎花地区で区画溝とそれに伴う柱列を検出。
  • 第90次調査、家ツラ地区のV字溝から韓式系土器が出土。
  • 第109次調査、箸墓古墳後円部裾から木製輪鐙が出土。
  • 第112次調査、箸中ビハクビ古墳を検出。
    ⇒ 地表には痕跡なし。
    ⇒ 直径20mの円墳or前方後円墳
    ⇒ 墳丘の下層から布留0式期の竪穴式住居跡を1棟検出。
  • 第121次調査、箸中イヅカ古墳を検出。
    ⇒ 墳丘はすでに平削、馬蹄形周濠を持つ前方後円墳と推定。
    ⇒ 全長100m超、後円部径は45~50mと推定。
  • 第137次調査、竪穴式住居跡を検出。
  • 第138次調査、竪穴式住居跡を検出。
  • 第149次調査、メクリ地区の庄内1式期の土坑から朱塗りの盾や鎌柄などの多数の遺物と木製仮面が出土。
  • 第166次調査、辻地区で検出された建物群のA~Dの4棟が東西に全軸を揃えて一直線に並んでいることや建物Dの北辺に立つと南方に箸墓古墳の後円部を見通すことができることが判明。
  • 第168次調査、辻地区で銅鐸片が出土。


纒向遺跡の旧地形と墳墓・遺構の分布
(引用:纒向遺跡発掘調査概要報告書(2013.05.13) 桜井市纒向学研究センター編の図を改編)

歴史

  • 土器遍年より弥生第5様式の末(180年代後半に相当)に始まり、布留1式期~布留2式期(350年頃)に突然消滅した。

 邪馬台国の候補地
  • 卑弥呼の登場が2世紀末、247年あるいは248年で亡くなるまで女王として在位し、その後2人目の女王が立ち、266年に晋に使者を派遣していた記録
    ⇒ 180年代後半から280年前後まで2人の女王の時代であったと推測。
  • 各地域に拠点集落があったことは確かであるが、近畿地方には列島最大級の大型古墳群を築く勢力が存在した。
    ⇒ その古墳が最初に出現したのが纒向である。
  • 纒向遺跡は180年から350年にかけて突然出現し、突然消滅した。
    ⇒ 邪馬台国の時期と重なる。
    ⇒ 自然発生の集落ではなく、人工的につくられた政治都市。

 ヤマト王権の政治拠点
  • 纒向遺跡に初めて前方後円墳はつくられ、この新しい形の墓が列島内に広がっていく。
  • 最初の大型古墳である箸墓古墳(箸中山古墳)が築かれ、その後、遺跡の周辺にはヤマト王権と深い関りを持つ行燈山古墳(崇神陵)や渋谷向山古墳(景行陵)などの大型古墳が現れる。
  • 楯築遺跡や都月坂遺跡(いずれも岡山県)などで出土していた特殊器台から派生する特殊埴輪片が遺跡内の川跡から出土したこと。
    ⇒ 箸墓古墳でも特殊器台が出土、埴輪のルーツである特殊器台によって纒向遺跡との関係性が高まる。
    ⇒ 古墳と特殊器台の展開を考慮し、纒向遺跡と初期ヤマト王権の関りに注目が集まる。
  • 「記紀」(古事記と日本書紀の総称)では、崇神天皇、垂仁天皇、景行天皇の磯城瑞籬宮(しきのみずかきのみや)、纒向珠城宮(まきむくのたまきのみや)、纒向日代宮(まきむくのひしろのみや)が存在したとの伝承が記載されている。
高杯
180年 北濠北部
下層灰粘
纒向1類
(弥生5様式末)
210年 辻地区
土坑2
纒向2類
(庄内古式)
250年 南濠南部

黒粘1
下層

纒向3類
(庄内新式)
270年 辻地区
土坑4
下層
纒向4類
(庄内新新式・
布留0式)
290年 辻地区
土坑4
下層


辻地区
土坑7

纒向5類
(布留1式)

特徴

  • 集落規模が極めて大きく、前段階の弥生時代の拠点的な集落の規模をはるかに上回るだけでなく、同時期の集落でも同等規模は皆無。
  • 弥生時代に過疎地域であった纒向地域に3世紀初めに突如として大集落が形成されている。
  • 遺跡の出現、繁栄や消長が周辺の前期古墳の動向と時期が一致している。
  • 農具である鍬の出土量が少なく、土木工事用の鋤などが多く出土しており、農業を営む一般の集落とは懸離れた様相を呈している。
    ※ 未だ水田・畑跡が検出されないことから農業をほとんど営んでいない可能性が高い。
  • 吉備地域をルーツとする孤帯文様を持つ特殊埴輪片、孤文板、孤文石などの出土があり、吉備地域との直接的な関係が想定される。
    ※ 孤帯文様を持つものは吉備地域を中心に葬送儀礼に伴って発展したもの。
    ⇒ これらの祭式が直接古墳や集落での祭祀に取り入れられた可能性が高い。
  • 他地域から運び込まれた土器が全体の15~30%を占め、量的に極めて多く、その範囲が九州から関東に至る広範囲である。
  • 奈良盆地東南部という各地域への交通の要所に位置し、搬入土器の存在と併せて、付近に市場の機能を持った「市」の存在が推定される。
  • 建物の中にほぼ正方位に構築され、柵をめぐらし、付属建物を配する特殊な掘立柱建物が存在する。

[外来系の土器]

  • 外来系土器は、纒向2類(庄内古式)出現段階から増え始め、最も多いのは纒向3類から纒向4類(210年~290年頃)
  • 大別すると2種ある。
    • オワリやキビという地域でつくられて運び込まれた土器
    • ヤマトの土を使って、形や文様の付け方などがオワリやキビの特色である土器

外来系の土器
(引用:遺跡に学ぶ 051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』新泉社)

遺構

辻地区の建物群

Sites of Residence in Tsuji Area

居館域の全景(西から) [現地案内板より]

辻地区 建物群 復元イメージ
復元イメージ
(引用:纒向デジタルミュージアム) ©NHK/タニスタ 監修:黒田龍二
  • 3世紀前半~中頃にかけての居館の一部とみられる3棟の建物群。
  • 軸線や方位を揃えて建てられた国内最古の事例。
  • ヤマト王権の王宮の構造を解明するものとして注目されている。
  • 第20次調査での建物や柱列の遺構の検出を手掛かりに、下表のように継続した調査を実施している。
調査次数 調査目的 建物A 建物B 建物C 建物D 建物E 建物F 柱列 大型
土抗
区画溝 石貼
り溝
20 駐車場造成
21 資材置場造成
162 範囲確認
166 範囲確認
168 範囲確認
169 住宅建築
170 範囲確認
173 範囲確認
175 住宅建築
176 範囲確認
180 範囲確認
182 範囲確認
183 範囲確認

(参考:「史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群 -保存活用計画書-」 桜井市教育委員会 2016.3

居館域位置図 [現地案内板より]

  • 平成20年(2008)から居館域の調査を本格化。
  • 平成21年(2009)11月14・15日の第166次調査の現地説明会では、『女王・卑弥呼の王宮か』と大きな注目を受けた。
 建物B

建物B(西から) [現地案内板より]
  • 西・南・北の三方を柱列によって囲まれた2間(4.8m)×3間(5.2m)、床面積約2.5㎡の規模を持った建物遺構。
  • 建物Bと柱列との間は1.5~1.7mと非常に狭いことから高床式の建物の可能性が考えられている。
  • 出入りは東側から行われたものと推定。
建物B復元イメージ
建物B 復元イメージ
(引用:纒向遺跡発掘調査概要報告書(2013.05.13))
©NHK/タニスタ 監修:黒田龍二
 建物C

建物C(北東から) [現地案内板より]
  • 南面要部東西両柱穴が後世の遺構の掘削によって失われているので正確な規模は不明。
  • 南北の両妻部の中央からは建物に近接する形で棟持柱が検出されている。
  • 復元では2間(5.3m)✕3間(約8m)、床面積約42㎡の規模。
建物C復元イメージ
建物C 復元イメージ
(引用:纒向遺跡発掘調査概要報告書(2013.05.13)
©NHK/タニスタ 監修:黒田龍二
 建物D

建物D(南から) [現地案内板より]
  • 西側は4世紀後半の溝によって削平され、検出規模は2間(6.2m)以上×4間(19.2m)。
  • 本来は東西も4間の規模と推定され、南北長さ19.2m×東西長さ12.4m、床面積約238㎡の規模で復元される。
  • 当時としては国内最大規模の建物遺構。
建物D復元イメージ
建物D 復元イメージ
(引用:纒向遺跡発掘調査概要報告書(2013.05.13)
©NHK/タニスタ 監修:黒田龍二
 建物E

建物E(北西から) [現地案内板より]
  • 南北2間(9m)以上、東西1間以上の大型建物になると想定。
  • 建築時期は3世紀後半以降と推定。
  • 建物B~Dと建築時期や建物方位が異なる。
 柱列

柱列の検出状況(西から)
(引用:纒向遺跡発掘調査概要報告書(2013.05.13)
  • 建物B~Dの建物群を取り囲む柵や塀のような構造と推定。
  • 途中、南北溝などの後世の遺構に大きく削平を受けている。
 大型土抗

大型土抗(東から) [現地案内板より]
  • 3世紀中頃の南北約4.3m、東西約2.2m、深さ約80cmの長楕円形の土坑。
  • 多量のモモの種の他、土器・木製品の壊されたものや動植物遺体などが出土。
    ⇒ 建物群の廃絶時の祭祀において道具類を破壊して、投棄したものと推定。
 区画溝

区画溝東辺の様子(北から)
(引用:纒向遺跡発掘調査概要報告書(2013.05.13)
  • 東辺にあたる南北溝部分と南辺にあたる東西溝部分、西辺にあたる南北溝部分で構成される。
  • 東辺は幅約8m、深さ約1m、長さ54m以上の規模。
  • 南・西辺は上部が後世の遺構により削平されていて、詳細は不明であるが、東辺に近い規模であったと推測される。
  • 多くの土器のほか、板材、柱材、梯子などの加工木が出土(布留2式期)。

纒向大溝

Makimuku-Omizo(big ditch)
  • 南溝は箸墓古墳付近の巻向川から、北溝は旧穴師川からきて現在の纒向小学校のグランドの中で合流していることが確認できた。
  • 幅約5m、深さ約1.2mの大溝、確認されている長さは北溝約60m、南溝約140m。
  • 庄内0式期に掘削され、布留1式期(4世紀初め)に埋没している。
  • 南溝には護岸用の矢板が打ち込まれている。
  • 両溝の合流点には水量の調整が可能な井堰が設置されていた。
  • 灌漑用であるとともに、物資運搬用の水路と推定。

纒向大溝
(引用:「遺跡に学ぶ」051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』)

巻野内家ツラ地区の導水施設

Remains of water conveyance facility
  • 纒向遺跡北部の巻野内地区に碁盤目状の水路と建物群があり、
  • 中央に幅63cm、長さ190cmの大きな木製の槽を据え、北・南・東の三方から木樋を通して水を注ぎ、木樋から素掘溝へと排水している。
  • 水源地は東200mの大型土坑で、布留0式期新相(3世紀後半)頃の設置の可能性。
  • 下層のV字溝には木剣、木刀、孤文板などの祭祀用具があった。
  • この遺構群は、浄水を集めた祭祀の場と推定。
  • 布留1式期(4世紀初め)に廃絶している。

導水施設
(引用:「遺跡に学ぶ」051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』)

その他の遺構

Other Remains
北飛塚地区の住居跡 北飛塚地区の住居跡

  • 庄内3式期(3世紀中頃)の遺構
  • 一辺約5mの方形の竪穴式
※ 竪穴内には4本の主柱穴と2本の補助柱穴、炉跡や周壁溝がない
 ⇒ 通常の竪穴式住居とは異なる構造
辻地区の祭祀土坑群 辻地区の祭祀土坑群

  • 辻河道(埋没河川)の南岸から検出された21基の祭祀土坑
  • 内部から多くの土器や木製品が出土
※ 最も遺物が豊富だったのが辻土坑4(第7次調査で検出)
 ⇒ 出土祭具は『延喜式』新嘗祭の条の器材との共通点が多い
尾崎花地区の区画溝 尾崎花地区の区画溝

  • 布留0式期~2式期(3世紀後半~4世紀中頃)の遺構
  • 幅・深さともに約2m規模
※ 溝の外側には土塁のような盛土遺構がある
 ⇒ 上面に塀もしくは垣となる柱穴が約1.6m間隔で検出
 ⇒ 居館など特殊な役割を持った施設を一般の集落と区画する
※ 尾崎花地区からは鍛冶関連や木製品加工関連の遺物が出土
 ⇒ 区画の内側には工房などの存在が想定されている。

遺物

メクリ地区の木製仮面

Wooden Mask in Mekuri Area
  • 庄内1式期(3世紀前半)の土坑から出土。
  • 長さ約26cm、幅21.6cm。
  • アカガシ亜属製の広鍬を転用して作製されたもの。
  • 口は鍬の柄孔を利用し、両目部分は新たに穿孔し、その上に眉毛を線刻によって表現、高く削り残した鼻には鼻孔もある。
  • 木製の仮面としては国内最古。
メクリ地区の木製仮面
木製仮面
(引用:遺跡に学ぶ 051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』新泉社)

辻河道出土の埴輪片・銅鐸片

Debris of Clay image and Bronze-bell

[埴輪片]

  • 都月型円筒埴輪と称されているものの破片
  • 吉備の特殊器台から派生した最古の埴輪とされるもの。
  • 胎土は茶褐色で表面は赤彩。

[銅鐸片]

  • 銅鐸の飾耳の破片
  • 円形部の径が4.2cm
  • 突線鈕式銅鐸の破片で復元すると高さ1m程度の比較的大型の銅鐸になると推定。
辻河道出土の埴輪片
埴輪片
辻河道出土の銅鐸飾耳片
銅鐸の飾耳片

(引用:遺跡に学ぶ 051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』新泉社)

東田地区の孤文石

Komonseki in Higaida Area
  • 東田(ひがいだ)地区で検出された溝の上層から出土。
  • 庄内3式期から布留0式期(3世紀中頃~後半)のものと推定。
  • 重さ24.25g 粘板岩製と推定。
  • 施文が残る面は長辺4.7cm、短辺2.8cm
    ⇒ 彫刻が施されていない部分が残る。
    ⇒ 製作途中で廃棄されたものと推定。
東田地区の孤文石
孤文石
(引用:遺跡に学ぶ 051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』新泉社)

李田地区のベニバナ花粉

Safflower Pollen in Sumoda Area
  • 庄内3式期(3世紀中頃)の溝の埋土から検出。
  • 国内では最古の事例。
  • ベニバナは通常、染料や漢方薬、紅に使われるが、花粉量の多さから溝に流された染織用の染料の廃液に含まれていたと考えられている。
李田地区のベニバナ花粉
ベニバナ花粉
(引用:遺跡に学ぶ 051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』新泉社)

家ツラ地区の孤文板と韓式系土器

Komonban and Earthenware(Kanshiki)
  • 導水施設へと水を供給する大溝の下部にある布留0式期古相(3世紀後半)のV字溝の下層溝から出土。
  • いずれも導水施設が構築される以前の祭祀に伴う遺物と推定される。
  • 孤文板は欠損していて本来の形状は不明であるが、ホウの木に彫刻し、黒漆で仕上げた優品。
  • 韓式系土器は格子目のタタキを持つもの(下写真右)とミガキによって光沢を持つもの(下写真左)の2種。
家ツラ地区の孤文板
孤文板
家ツラ地区の韓式系土器
韓式系土器

(引用:遺跡に学ぶ 051『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』新泉社)

尾崎花地区の巾着状絹製品

Drawstring purse made in silk fabric
  • 幅約4.8m、深さ約1.7mの溝から出土。
  • 布留0式期新相(3世紀後半)から布留1式期古相(4世紀初め)のものと考えられる。
  • 天蚕によって作られた平織り絹布で何かを包んだ後、捻りの浅い植物質の紐(麻類)で口を結ぶ。
  • 高さ約3.4cm、厚み約2.4cm。
  • 巾着は漆によって固められ、中に空洞があることは解ったが、内容物は不明。

保存と展示

  • 発掘調査は継続的に実施され、187次を超えている(平成28年3月時点)が、遺跡全体の面積の2%にも届いていない。
    ⇒ さらなる調査の推進と詳細な内容構造の解明はこれからの課題として残っている。
  • 国の史跡指定を受けているのが纒向遺跡としては辻地区と太田地区、纒向古墳群は纒向石塚古墳とホケノ山古墳のみ。
    ⇒ 遺跡の特徴を考慮すると他のエリアも史跡指定を受けることができるように活動を進める。
  • しかし、史跡指定を受けているエリアですら遺跡見学の拠点となる公園広場や施設、散歩道、説明板や案内板といったサインの設置といった周辺環境の整備は進んでいない。
    ⇒ 交流館(太田エリアで計画)をセンターエリアに据え、周辺の古墳や史跡をサテライトとして諸施設を配置。
    ⇒ 史跡活用する計画を桜井市が公表(平成28年3月31日付)している。
    ⇒ センターエリアに位置する交流館(ガイダンス施設)のオープンは平成31年度末を想定した計画となっている。

参考文献

  • 奈良まほろばソムリエ検定 公式テキストブック 網干善教 監修 奈良商工会議所 編 山と渓谷社
  • 奈良県の歴史散歩 (上)奈良南部 [歴史散歩29] 山川出版社
  • シリーズ「遺跡に学ぶ」051 『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』 石野博信 新泉社

> HOME > NOTEBOOK > 史跡 > 纒向遺跡

 

<所在地>

  • 桜井市箸中ほか

 

<アクセス>

  • 巻向駅 ~ 徒歩15分

 

<見学>

  • 時間 自由
  • 料金 無料

御朱印一覧

奈良北部
 東大寺
 興福寺
 薬師寺
 唐招提寺
 帯解寺

奈良西部
 法隆寺
 飛鳥寺
 橘寺
 岡寺
 當麻寺
 石光寺

奈良東部
 長谷寺
 長岳寺
 安倍文殊院